やらなきゃ人生で損している!〜科学的な散歩のすごい効果〜

コラム(心理学・医学など)

みなさんは毎日モチベーション高く、お仕事や勉強に専念できていますか?

午前中は良いものの、お昼ご飯後などはどうしてもだらけてしまったり、集中力が低くなってしまったりすることはありませんか?

お恥ずかしい話、私はよくあります。
昼以降はどうしてもだらだらしがちなんですよね…。

私と同じような悩みを持つあなたにぜひおすすめなのが……

散歩

です!!

え、散歩?ふざけてるの?と思った方もいるかもしれませんが、もう少し待ってください。
決しておふざけではなく、散歩は私たちの脳やメンタルに非常に良い影響をたくさんもたらしてくれるんです!!

散歩の効果

昼食後に散歩をグループとそうでないグループを比較すると、昼食後に散歩をしたグループのヒトの方がその後の仕事を楽しむことができ、また集中力エネルギー高い状態に維持できたという研究が報告されています。

これは、散歩をすることで脳への血流量が増加するためではないかと考えられています。

また、別の研究によると、散歩をすることによって不安感精神的緊張軽減されるということや、クリエイティビティ(創造性)が増すということもわかっています。

散歩に伴ってさらに良い効果が?

散歩に良い効果があるということはわかっていただけたと思いますが、それなら、家の中をグルグル歩くのでもいいのかというと、そうでもありません。

というのも、外に出て、自然を五感で感じることそのものも、メンタルに良い影響をもたらすということが知られています。

コーネル大学とメリーランド大学の研究によると、自然の中で20分ほど過ごすだけで、心拍数血圧の改善ストレス低下気分向上不安軽減などの効果が得られるということが報告されています。

つまり、外の自然が多い場所を散歩することによって、散歩という運動による良い効果と、自然を感じることによる良い効果の両方をえ得ることができるということなんです!

まとめ

散歩による効果としては

不安軽減
気分改善
クリエイティビティ(創造性)の増強
集中力増加
エネルギーアップ
などがあるということをお伝えしました。
散歩って可愛らしい感じですが、これだけすごい効果があるんですね。
朝起床後や昼食後の数十分のあいだ散歩するだけでこれだけ心も体も整うのですから、散歩していないと人生の多くを損していると言っても過言ではありません。
明日からはぜひみなさんも、1日に10分からで結構ですので、自然の中を散歩する時間を確保してみてくださいね!
ただし、夏は非常に暑いですから、水分補給等、熱中症対策は万全でお願いしますね。
ちなみに、私は散歩をしながら、英語のポッドキャストを聞いたり、自分で吹き込んだ学習内容のボイスメモを聞いたりしています。
散歩している時の方が脳への血流量が増すので学習効率がよくなる、という理由からです。
散歩の習慣が出来上がったら、ぜひこのような「ながら散歩」も取り入れてみてはいかがでしょうか?

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。
記事が面白かったな、ためになったなと思った方は、ツイッター(@SoftyStudy)のフォローやいいね、よろしくお願いします!
メールアドレスを登録してくださると、更新をすぐに知ることができるので、そちらもぜひ!

あと、以下のボタンをポチッと押していただけると非常に励みになりますので、もしよろしければ押してください!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

では。。。

参考

How Walking Enhances Cognitive Performance〜Are long walks the secret to success?

・Minimum Time Dose in Nature to Positively Impact the Mental Health of College-Aged Students, and How to Measure It: A Scoping Review, https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fpsyg.2019.02942/full

おすすめ書籍

コメント

タイトルとURLをコピーしました